「全国紅花協議会事務局」諸事、『日本紅』紅皿のつくり方No.1

【紅皿】のつくり方の前に

法的適合性を遵守しましょう。
〇化粧品製造業許可番号
〇化粧品製造販売業許可番号など

紅皿とは猪口をさします。(歴史的考察)

何故に紅皿なの?(「笹紅」と云う玉虫色の紅花色・喜多川歌麿)

今回は【歴史的観点からの紅皿】です。

1)紅餅を水に浸し、アルカリ溶液と酸液を駆使して中性にして下さい。

2)抽出した液へ、「ゾク」と言う麻の束を浸し、カルタミン赤色素を染め付けます。

3)ゾクを搾り、色素を絞り出します。

4)絹羽二重に流し入れ、水分を切ります。

5)絹羽二重に残った紅泥を刷毛に掬い。

6)紅皿に、笹紅色に重ね塗りします。

7)緩かに乾燥させて、完成です。

8)脱湿気・脱酸素・脱退色が大事です。

9)化粧品等の表示は、適正にしてゆきましょう。

このメールは、各都道府県紅花協議会や関連団体にグループメールしています。

全国紅花協議会事務局
9902401
山形市平清水 1ー4ー41
023-666-8888
http://ntrust-yamagata.jp/
近日中に開業する《紅花全国通販》
http://japan-beni.jp

Page Top