「山形県紅花協議会」今現在の連携販売希望外《化粧品外の説明》

《最上紅花の概略》

《紅花の歴史》

紅花の原産地は、ナイル川中流(エチオピア)または中近東といわれている。
山形県で遺伝子解析した結果、パレスチナ地域が「最上紅花」に近いとの事。

エジプトのミイラの布は、紅花により染められ、(紀元前2500年頃)
アメンホテプ一世のミイラには紅花の花が添えられていた(紀元前160年頃)

中国へはシルクロードを経て伝わった。
前漢時代、張騫が西域より持ち帰り、中原において栽培したという「博物志」(紀元前114年死去)
更に紅花からの赤色色素の抽出法が具体的に記載されている。

唐代編纂の「大唐六典」・「通典」・「元和郡県図志」
宋代編纂の「新唐書」では紅花の産地として、興元府(梁州)・蜀州・漢州・
霊州・青州など
唐の領土内において、紅花は広範に栽培されていた。

日本には中国より三世紀頃に伝来したとされ、
奈良県桜井市・纏向遺跡の遺構より紅花の花粉が見つかっています。
また「伝来地沖縄琉球」が中国本土との地勢学的な冊封関係などを考えれば、説を否定出来ない。

《紅花日本文化》

正倉院宝物は、製作されてから1250年以上経過したものであり、正倉院染織品から、いにしえの「紅花染」が確認されている。

平安中期の延喜式に記載されている紅花は中男作物として税徴収作物であり、
南から安芸・石見・備後・伯耆・因幡・紀伊・伊賀・伊勢・尾張・三河・越前・加賀・越中・信濃・駿河・甲斐・相模・武蔵・上野・下野・常陸・下総・上総・安房。
後に、「最上義光」公が才能を発揮し
山形県が最大生産地になってゆきます。
農事的に伊賀衆を山形に重用し、陸・川・港を整備し【最上紅花の概要】に。
今も直、地勢・農事・財政・政治などに影響を与え続けています。
私達山形県民には、忘れてはならない存在であります。

《紅花の効能》

【最上紅花の花びら】
紅花の花びらを示す商標であります。。

紅花(学名:Carthamus tinctorius)という。
ベニバナによる紅染は古くから口紅に供されました。
当時の口紅は粧いとしてだけでなく、唇の保護にも役立ちました。

薬用としては、漢方処方に配合され、浄血、通経の婦人薬とされ、冷え症、産前・産後、更年期障害にも応用されています。
女性にやさしい「最上紅花」です。
また、鎮静、鎮痛、抗炎症作用について日本生薬学会で発表されています。

【最上紅花リーフ】
紅花の若菜を示す商標であります。

サラダ菜に比べ
ビタミンC⇒約2倍
ほうれん草に比べ
ビタミンE⇒約6倍
ポリフェノール⇒約3倍
とか云われています、お奨めです。

 

一般社団法人「日本紅」
全国紅花協議会

 

----------------------------------------

【御用小町紅】の歴史と変遷

【御用小町紅】とは
山形県産《最上紅花》から精製抽出される赤い色素で造られる《笹紅》を示す。

【最上紅花】の概要
平安南北朝時代から鎌倉時代・室町時代・戦国時代・江戸時代と、
羽州探題・出羽国守であった生粋の
山形城主
「最上義光」公が名付親であります。

源氏足利家の姻戚で関西に精通していた公は、山形県に歴史と文化をもたらしました。
山形県の川「最上川」・「湊さかた」を征し、近江商人・北前船・丸子船を利し、洛中に。
近江商人は全国各地に散らばり商い江戸にも。
喜多川歌麿の浮世絵に《笹紅》が、
それに肝銘したフランス印象派画家
「フィンセント・ファン・ゴッホ」
「オスカル=クロード・モネ」などに
影響を与えます。

【笹紅】の概要
《最上紅花》でしか出来ない稀有な紅で、全色素量の1%で造られる貴重なもので、玉虫色をしています。

紅猪口(べにちょこ)や貝紅(かいべに)が主で、
【歴史的文化遺産】に価する日本を代表する文化です。

前述の「近江商人」は既に江戸時代初期に《御用小町紅》を製造販売していたのは、史実であります。
(可能性は歴史を前に)

---------------------
近江商人の「塚本定右衛門」が聚心庵展に記載した小町紅の掲載には、看板も有り同家では
創業の際小町紅を一番初めに行商に持って行ったと伝えられています。
書名『塚本定右衛門と聚心庵展』
----------------------

紅の貴重さを再確認し《御用小町紅》は当時も女性の憧れだった事が立証できた気がします。

この商品は【歴史的文化遺産】を目指していると認め、
「優秀認定品」として推奨して行きます。

一般社団法人「日本紅」
全国紅花協議会

<御用小町紅>所謂
表示用山形?産<最上紅花>用被精制抽出的紅的色素被制作的<笹紅>。

<最上紅花>的概要
从平安南北早上時代開始?倉時代·室町時代·?国時代,是出羽的純粹的山形城主「最上義光」是起名父母。
源氏足利家的姻戚??西精通的公、在山形??来了?史和文化。
征伐山形縣的河「最上川」・「湊酒田」,有利近江商人·北前船·丸子船,向京中。
近江商人分散在(到)全国各地進行買?,?江戸也来。
影響給予?喜多川歌麿的浮世?<笹紅>,而且銘感的法国印将象派画家「Vincent Willem van Gogh」「Oscar-Claude Monet」等。

「笹紅」的概要
用<最上紅花>以外不能的貴重的用紅,全色素的量的1%被造就貴重,做着彩紅色。
是代表<紅猪口>和<貝紅>主要,値得?史的文化遺産的日本的文化。
前述的「近江商人」已經江戸時代初期製造銷售的<御用小町紅>,不是史實。
(可能性?史前)
招牌對近江商人的「塚本定右衛門在聚心庵展記載的小町紅的刊載,也有被傳達同族,一號開始為行商拿到創業時候小町紅。
書名「塚本定右衛門和聚心庵展」
再次確認紅貴重「御用小町紅」當時也是女性的憧憬的事想能作證做。
這個商品認可以「歴史的文化遺産」作為目標,作為「優秀認定品」推薦。
一般社?法人「日本紅」
全国紅花?会

------------------------------------------

{《商品説明のアプローチ}》

@
最上紅花『御用小町紅』紅お猪口
12000円税別【伝統的工芸品】笹紅
紅和紙箱・リップブラシ・耐色防止紅巾着#4513650100014《画像1・2》

(株)新田製造
平安中期の延喜式に記載されている紅花
口紅製法により造られております。
【山形県の花】最上紅花
でしか出来ない、唯一無二の技法です。

A
最上紅花『スティック濃紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100021

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に使った商品です。

B
最上紅花『スティック唐紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100038

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に+サフラワーイエローを組み合わせた商品です。

C
最上紅花『スティック薄紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100045

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に+サフラワーイエローを組み合わせた商品です。

D
最上紅花『練り紅、濃紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100052

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に使った商品です。

E
最上紅花『練り紅、唐紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100069

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に+サフラワーイエローを組み合わせた商品です。

F
最上紅花『練り紅、薄紅』
5000円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100076

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に+サフラワーイエローを組み合わせた商品です。

G
最上紅花『リップクリーム赤紅』
2500円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100083

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花紅泥を主に+サフラワーイエローを組み合わせた商品です。

H
最上紅花『リップクリーム黄色』
2500円税別【化粧品】
紅和紙箱#4513650100090

(株)自然化粧品医学会製造
最上紅花サフラワーイエローを主に使った商品です。

I
『貝紅』万葉の世界観
1500円税別【玩具】
紅和紙箱・リップブラシ
#4513650000390

(株)リューコドウ製造
外国人に人気ある商品です。

【商標登録済】
日本紅・紅花リーフ・紅花ソムリエ・最上紅花・御用小町紅など
【優秀認定品】
【ネット通販・紅花全国通販】
http://japan-beni.jp/?force=pc
【ホームページ】
http://ntrust-yamagata.jp

一般社団法人「日本紅」
全国紅花協議会

Page Top