「山林等保全取得部会」森林の間伐体験

保全の仕方や考え方を学ぶ。


※木の倒し方
1)倒したい方向と重心のかかり方を、考えて。
2)倒す方角を水平に半分程までカット。
3)30〜40度からカット。
4)三角の木片を取りだし、180度反対側上部よりカット。
5)『倒れるヨ』の声を出して、注意を呼びかける。


※吊るや垂れ木などの処理の仕方
自分の身長より高い位置でカットする。風など状態変化にも対応して、ケガの無い様にするマナー。
※何を伐採処理するか、どの様にしたいか?
によって施策が違う、保全の仕方も違う。
※下刈りは、次世代の成長を消すので、必ずしも保全には成らない。
※比較的太い材木は、ペレット加工などに加工出来る。再生可能な資源であり、二酸化炭素抑制・自然に寄与出来る手法である。
為になる、楽しめるイベントでした。感謝

 

 

主催、山形県みどり自然課・山形県ペレットエコポイント事業コンソーシアム

Page Top