「日本紅共創推進部会」NPOの考え方【佛法的解釈】根底にあるのは(空しさ)

今も、今からも、物事の考え方を変えなければ「頓挫」します。
『NPOの考え方』と理念を、身体に。
バランス・利得等では、人に接したくありません。
ましてや費用対効果では、接したくありません。
それは、母なる愛情です。
此こそが(公益の概念)です。
この三人でしか出来ない理念です。
出来るだけ私は、その様に理解し行動しようと努めています。
御理解宜しくお願い申し上げます。

〇〇様に対しても、同じです。
知的所有権等の未来的な保全を、しているのです。
別に嫌ったりしているのでは、ありません。
普通に挨拶し、普通に行動します。
ネット通販希望があれば、悦んで勧めます。
それらがNPOの理念であり、概念です。
御理解宜しくお願い申し上げます。

全国紅花協議会の発足などで全国を束ねるなどは、蓋然性的にはゼロでしょう。
しかし、可能性は在ります。
ブッダもアーナンダー達が要ればこその佛陀だと想います。
それは、この三人で造り出す事なのです。
そして、『導く』のです。
これが日本人としての『アイデンティティー』です。
全国紅花協議会事務局が唱える理念

紅花で日本人のアイデンティティーを世界に

御理解宜しくお願い申し上げます。

感謝

 

 

Page Top