トラスト活動とは(発祥と歴史的変遷と現状)

山形県最上紅花株式会社(仮称)

資本主義社会に於いての銀行金融業には、及びもつかないが、我山形県に確固たる位置付けをもたらした『最上紅花』の【復活ののろし】を今、挙げようではないですか。
必ずや、山形県の種々多様な専門分野で、様々な人々が関わり素晴らしい郷土愛が実践される事を、願ってやみません。
【山形県民の、山形県民による、山形県民のための紅花。】
Kind カインド 優しさ、と、連帯。が成功の鍵でしょうか?
私は今の現状では、産業化や工業化までには少し遠すぎるのではないのか?
 1)最上紅花の概念の弾力性。
 2)農業関係
  生物学的施策メンデルからゲノムまで、解析、編集、育種など
  連作障害の克服研究の促進など
 3)工業技術関係
  サフラワーイエローからカルタミンへの技術革新など
 4)それらの生産現場への教育など
  お茶畑等の器械導入による、紅花畑の変革など
 5)全てが機械化、効率化、技術革新化、工場生産化など一体となった、持続可能な紅花製品群。
 6)知的所有権の取得と保持。
 7)幅広い議論で山形県のナショナリズムが、結晶化する時代を夢観ながら。
  巨大な産業会社群を、皆さんで創り挙げてみませんか。
 8)志を具体化する為には、ファンドを公募する事。
 9)ゲノム編集や突然変異種子は、F1、交雑、ハイブリッドにして次世代にはエラーした遺伝子になる。種子の管理に協定や連携の構築が必要。
 10)山形県との【機密保持契約書】を取り交わした会社のみが、連携の対象となり得る事。契約には罰則規定等も考慮の事。
 11)食品添加物に付いて、花びらの場合
  パウダー、カルタミンのみ抽出した商品
  パウダー、
  リキッド、カルタミンのみ抽出した商品
 12)食品材料に付いて、種の場合
  パウダー、食品規準に適合した商品
  此が有れば総ての食品関係が、簡単に造れます。(川上を征するものが全てを征する。)
 13)紅花の茎もしかり。
 14)若菜もしかり 。
 15)社会科学的観点、人口や住民や国道など
 16)食品加工の工業化。ごはん、パスタ、味噌汁、パン、菓子、お茶、飴、せんべい、餅、塩、酢、
   味噌醤油、砂糖、ソース、卵、肉、ラーメン、そば、うどん等に

紅花総合商社 あいあい
取締役 深川正達 の夢。

 

私の夢

A)生産者の皆様が、乗用収穫車両に乗って 明るく未来を確信した顔で作業している姿を
B)山形県内の企業他が、競争力のある独自商品を開発販売している姿を
C)山形県庁に一流企業の人々が、殺到して紅花製品のオーダーを申し出ている姿を
D)このシステムが、総ての加工品に普及して、未来展望のある山形県に為る姿を



27*4*28『費用対効果』と『志』、キックオフの会は

農事的な紅花品種の開発、管理について。
交配⇒F1養成⇒集団養成⇒個体選抜⇒系統選抜。
ブランド管理については、やはりハイブリットが現実的か。即ち

 

「『最上紅花』の地理的表示保護制度」
の必要性について、制度的確立の推進は早急に。
行政と自分達民間人の隔たりを意識するのでは無く、調和が必要。
これからは、全国に発信してゆきたいネ。
其には今までの組織を変革して。

 

山形県の最上紅花について

歴史的考察
途切れた生産文化
発見に至る経緯
各団体との連係
必要性の開拓
企画力の創造性
今50年を迎えるに、感じること
固定観念と変革
継承と革新
イノベーションとベンチャースピリット
技術革新による社会変革
伝統的農法との整合性チャレンジ
費用対効果とスピリット
これからの紅花を語る
紅花の工業化と総合産業化
サフラワーイエローの分布とカルタミン変換
中山間地域の活用と方針による指導的コラボ
雇用促進や人口の安定化などで地域の発展に寄与する、その名前も【最上紅花第二世代】
封建的農法からの脱却、近代的農法(歴史的世界に誇れる工業化)
リアルタイム発信
『地理的表示保護制度』に最上紅花
登録を速やかに。
など

 

インターネット第一次試案

1)総説と理念
2)創設者と歴史
3)組織と山形県
4)加入に関しての誘い
5)課題と革新
6)設立50周年記念行事
7)随時発信
8)連絡先など
9)山形県紅花生産地、白鷹町、山形市など
10)白鷹町とのコラボ
11)山形市とのコラボ
12)現状の取り組み
13)これからの取り組み
14)打開策と問題点
15)山形県庁関係とのリンク
16)山形県の紅花関連文化施設とのリンク
17)その他、全国的な紅花文化と地域に対しての、情報掲示
18)日本国を代表する一つとしての最上紅花の位置付け

 

公正取引委員会・中小企業庁長官様へ

正義とは、justiceとは、社会悪とは。
消費税の転嫁拒否等に関する調査で

消費税関連についてでは、ありませんが
日常的に「チケット購入・商品提供要請・業者会年会費等」の不当な扱いを受けている件に付いて、社会的正義が罷り通らない現実は、如何なものか?
立証出来ない様にやっている。
言葉についても、報復や脅しでやられた経験が多々あります。
それらの資金で、周りの土地等を購入しまくっているホテルなどは、社会的地位も上がり地域を代表する組織に為ってゆく(現実)
仏法の境地とは、かけ離れた(現実)
土地や財産などは、一期一会の現状でしか無いのです。一時管理しているだけですヨ。
ましてや、自分の存在すら無なのですヨ。
皆様に迷惑をかける行為は、悲しく空しい。
しかしながら、その組織で働く人々もまた同じ様な行動を容認して自分の内に取り込み洗脳する。それが出来ない人々は、辞してゆく。親から子供に、子供から孫に受け継がれてゆく「負の遺産」
これ等を、改善出来るのは(教育)しか無いのでは。
これ等を、指導出来るのは(公正取引委員会)
私は、非常に価値の有る、有意義な国家組織であると期待しております。
美しい日本民族の原点にたち戻り普遍的社会的協調と自由と平等と友愛。

Page Top